読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちんとんしゃんてんとん

映画感想と箇条書きと私

『フランシス・ハ』を観た。

f:id:pygocelisM:20141001080252j:plain

 

監督:ノア・バームバック

脚本:ノア・バームバック

   グレタ・ガーウィグ

出演:グレタ・ガーウィグ

   ミッキー・サムナー

 

27歳、モダンダンサーの実習生、

NY暮らしのフランシス。

一緒に暮らしているソフィーが出て行くことになってから、

住むところに困って…みたいな話。

 

ストーリーらしいストーリーはあまりないけど、

フランシスの成長映画です。

 

 

!!!ネタバレしています!!!

 

 

ユーロスペースで公開中。

ノア・バームバックは『イカとクジラ』だけ鑑賞していました。

 

「これは私か!?」苦行映画!

 

そういう映画は年に1回必ずあるんですけど、

今年はコレだったようです。 

 

 

ノア・バームバックの『イカとクジラ』はコメディなんですけど、

全然笑って観られなくて、すんごい苦い映画だと感じていたんですが、

それでもキャラクターがどこか憎めない映画でした。

ラストのカットがとても印象的で

好きだな、と思っていた印象があります。

 

 

今回の『フランシス・ハ』も私はそんな感じで観ていました。

 

 

フランシスは27歳で、

私は今月で30歳になります。

私が27歳の時はちょうどフランシスっぽいところがあって、

そこから結婚が決まったと同時に急にいろいろ

割り切れたり、弁えられるようになった気がします。

ちょうどこの映画ではソフィーみたいな感じでしょうか。

 

f:id:pygocelisM:20141001082817j:plain

ということで、誰も聞いていないけど

フランシスの、私と共通するトコロを箇条書き。

 

①掃除がとても苦手
②空気読めずに思ったことをそのまま言う
③仲の良い友達を恋人に例える
④「現実的でない部分的ななりたい自分」が一等大事

 

書いてて胃が痛くなる思い…キッツ…

 

f:id:pygocelisM:20141001083644j:plain

 

イカとクジラ』もそうでしたが

登場人物が滑稽になりすぎないように

ある程度の距離感を持って描かれていて、

『フランシス・ハ』が白黒映画なのは

そういう演出の一環なのかな、と思いました。

きっとカラーだとフランシスはもっとリアルで

等身大になってしまうのではないでしょうか。

 

f:id:pygocelisM:20141001084039j:plain

 

この映画の特に好きなところは

フランシスが振り付けした舞台が終わるところです。

フランシスのことを変人と扱っていた人たちも

ちょっとずつこじらせていて、

フランシス同様にちょっとずつそれと向き合っている、

ということが伝わりました。

フランシスの話だけれど、フランシスだけじゃない。

 

 

あと好きなのは、自意識の変化よりも先に

環境の変化を強いられる話の展開です。

「やってみたら案外よかった」っていうのは、

リアルだなーと思いました。

理想と現実の距離感ってそういうもんだと

改めて思います。

 

 

そうやって自分で自分のことがちょっとずつ分かっていき、

自分のことを自分で外に伝えることができるようになっていく。

そんな過程が『フランシス・ハ』なんだな、と。

全てはラストカットが象徴していますね。

 

 

最後に、愛らしさと痛さのバランスがいいこの映画は

同年代26〜29ぐらいがドンピシャにくるのではないでしょうか。

20代も終わるこの時期に、自分の痛い時期を「鑑賞」できたのは

とても良いタイミングだなと我ながら思います。