読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちんとんしゃんてんとん

映画感想と箇条書きと私

『美女と野獣』を観た。

f:id:pygocelisM:20141118144450j:plain

監督:クリストフ・ガンズ

脚本:クリストフ・ガンズ

   サンドラ・ボニアン

出演:ヴァンサン・カッセル

   レア・セドゥ

 

お父さんの代わりに野獣の城に行きましたって話。

 

原作未読、

ジャン・コクトーの『美女と野獣』も観たこと無いです。

ディズニー『美女と野獣』は観たことありますが、

すっかり忘れていました。

あと、クリストフ・ガンズ監督の

サイレントヒル』も観たことありません。

 

 

 

美女と、野獣の話

 

レア・セドゥは『アデル、ブルーは熱い色』を観て

エマ役がとても素敵で、そこから積極的に観てます。

女性性をやる彼女を観たかったので

楽しみにしていました。

 

 

予告編の時点で

ディズニーアニメ版『美女と野獣』と

どうやら違うみたいだな、

原作とかに近いのかな?って思っていたのですが、

原作ともまた違うらしいですね。

 

見所と思うところ挙げて行きます。

 

 

①美術

f:id:pygocelisM:20141118152255j:plain

この映画、ある程度VFXを製作国がフランス中心にしては

多用されているように思うのですが、

それでもある程度SFXをしっかりやりたかったのかなと

思うぐらいに、美術がこっていた印象です。

とくに重要な野獣とベルの晩餐のテーブルの装飾は

とてもきれいでした。

 

って、これはちゃんとセットだと思ってたんですが

もしかしてVFXだったりするのでしょうか…

セットデコレーションってスタッフがいたので、

きっとそうだろう。

 

②音楽

f:id:pygocelisM:20141118152814j:plain

映画音楽でもクラシカルでフルオーケストラって感じの

サントラは本当に久しぶりに聴いた気がしました。

映画音楽のオーケストラとなると、

どうしてもジョン・ウィリアムズ的なものが多い印象ですが、

そういうのともまた違って、

本当にクラシック音楽のようでした。

あんまり詳しくないので、ぼんやりしたことしか

言えないのがもどかしいっっ

 

最後のエンドロールには、しっかりソリストの名前まで

のっていたのは、驚きました。

もしかしたら、今までの映画にもあったのかな…

 

 

③レア・セドゥ、そしてドレス
f:id:pygocelisM:20141118153117j:plain

ディズニーに勝てるとしたら、それは実在する美女、

そして実在するドレスって感じなのかなって思ってしまうぐらい、

レア・セドゥを可愛く美しく、そしてドレスを華麗に!ってのに

力を注いでいる印象でした。

 

って、私がレア・セドゥ目当てに行っているからと

言われたら、もうその通りなんですけどね。

 

***

 

クリストフ・ガンズ監督自身、

「これはおとぎ話だ」と言っているらしく(wikipediaより)

ラブストーリー要素よりも教訓とか寓話みたいな方を

より前に出されている脚本だな、と。

そもそも子供に読み聞かせるっていう冒頭なので、

あくまでおとぎ話なんでしょう。

 

どうやら何で野獣になったかというのは、

原作小説では描かれていないようで

これを描かれることによって、

因果応報モノ(ってのがあるのかは知りませんが)として

描かれているのかな、と思いました。

そういうところもおとぎ話っぽい。

 

その為なのかラブストーリーの説得力が減っています。

で、ラブストーリー分を補うためなのか

エンドロールで流れる曲が所謂『美女と野獣』のテーマである

見た目で愛するんじゃないんだよ、って言ってる曲が

合ってないなと思いました。

 

 

それにしても、クライマックスもあるし、

ベルに決定権はないといえど、

そんな裕福ではない実家に帰るのに

赤いドレスってどうなのよって思ってしまったけど

レア・セドゥが似合っていたので

別にいいやってなってしまいました。

 

 

 これを機に観てみたいなーとも思いましたが

買うしか観る方法ないのかな…

美女と野獣 [DVD]

美女と野獣 [DVD]

 

 

 このレア・セドゥが素敵!映画。

アデル、ブルーは熱い色 スペシャル・エディション [Blu-ray]

アデル、ブルーは熱い色 スペシャル・エディション [Blu-ray]