ちんとんしゃんてんとん

映画感想と箇条書きと私

2014年観た2014年公開映画に順番をつけた。

ランキングはつけたのですが、

[名状しがたい気持ち、もしくは大好き]

[どれもとても好き]

[好きです]

[普通に好きです]

[やや好きです]

[好きなところもあります]

に分かれています。

 

順番として固まっているのは、一番最初の

[名状しがたい気持ち、もしくは大好き]だけです。

それ以外は、その箇所で順番がいつ変わっても

おかしくないですが、一応つけてみました。

 

 【名状しがたい気持ち、もしくは大好き】

野のなななのか

②ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

③ほとりの朔子

④滝を見にいく

悪童日記

⑥ゴーン・ガール

グランド・ブダペスト・ホテル

⑧ジャージー・ボーイズ

⑨MUD マッド

⑩物語る私たち

ネブラスカ

オンリー・ゴッド

⑬マップ・トゥ・ザ・スターズ

⑭新しき世界

 

 【どれもとてもとても好き】

⑮刺さった男

⑯リアリティのダンス

⑰ショート・ターム

そこのみにて光輝く

ウルフ・オブ・ウォールストリート

⑳インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

21:ヘラクレス

22:LEGO(R)ムービー

23:アイム・ソー・エキサイテッド!

24:毛皮のヴィーナス

25:スガラムルディの魔女

26:オオカミは嘘をつく

27:サボタージュ

28:ホビット 竜に奪われた王国

29:イントゥ・ザ・ストーム

30:ニード・フォー・スピード

31:ホドロフスキーのDUNE

32:イコライザー

33:リベンジ・マッチ

34:サッドティー

35:ブルージャスミン

36:ポール・ヴァーホーヴェン/トリック

37:鬼灯さん家のアネキ

38:嗤う分身

39:蜩ノ記

40:デビルズ・ノット

41:ドラキュラZERO

42:エンダーのゲーム

43:ザ・レイド GOKUDO

(スノーピアサー)

44:ラッシュ プライドと友情

 

 【好きです】

45:フランシス・ハ

46:ある過去の行方

47:怪しい彼女

48:プリズナーズ

49:フューリー

50:WOOD JOB!神去なあなあ日常

51:TOKYO TRIBE

52:LIFE!

53:ロボコップ

54:ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古

55:誰よりも狙われた男

56:ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー

57:マイティ・ソー ダーク・ワールド

58:トム・アット・ザ・ファーム

59:ニシノユキヒコの恋と冒険

60:テロ、ライブ

61:思い出のマーニー

62:猿の惑星 新世紀

63:ドラッグ・ウォー 毒戦

64:キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー

65:アメリカン・ハッスル

66:インターステラー

67:ママはレスリング・クイーン

68:複製された男

69:アクト・オブ・キリング

70:アデル、ブルーは熱い色

71:アナと雪の女王

72:天才スピヴェット

 

【普通に好きです】

73:ベイマックス

74:FRANK フランク

75:ローマ環状線、めぐりゆく人生たち

76:パーソナルソング

77:ダラス・バイヤーズクラブ

78:アバウト・タイム 愛おしい時間について

79:ぼくを探しに

80:日々ロック

81:サード・パーソン

82:GODZILLA

 

【やや好きです】

83:映画クレヨンしんちゃん

84:オール・ユー・ニード・イズ・キル

85:あなたを抱きしめる日まで

86:チョコレートドーナツ

87:マダム・イン・ニューヨーク

88:ジゴロ・イン・ニューヨーク

89:マレフィセント

90:her 世界でひとつの彼女

91:舞妓はレディ

92:X-MEN フューチャー&パスト

93:ルパンVSコナン

94:ウォルト・ディズニーの約束

95:大脱出

 

 【好きなところもあります】

96:神様の言うとおり

97:寄生獣

98:キック・アス ジャスティスフォーエバー

99:マダムマロニーと魔法のスパイス

100:エクスペンダブルズ3

101:るろうに剣心 京都大火編

102:ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!

103:劇場版gdgd妖精s っていう映画はどうかな…?

104:ホビット 決戦のゆくえ

105:バルフィ!人生に唄えば

106:美女と野獣

107:ノア 約束の舟

108:バンクーバーの朝日

109:闇のあとの光

110:超高速!参勤交代

 

 入らなかった映画

消えた画 クメール・ルージュの真実

[理由]映画上映時間のほとんどを寝て過ごした

 

すごいなと思ったのは

本当心底全部面白くなかった映画はなかったことでした。

てか、多分それっぽい映画はそもそも観ないので、

当たり前といったら当たり前ですね。

 

***

 

14年は、四国は愛媛から関東に引っ越してきたのが

全ての始まりでした。

観ても観ても減らない面白そうな映画たち、

っていうか日ごと増えていき、

それと同時にかかる交通費、劇場会員費、鑑賞費…

 

なるべくほどほどにしてこれなので、

全力で公開されている映画や旧作映画に

向き合っていらっしゃる人たちは

どうやって生活しているのかと、

さらに不思議になった1年でした。

 

ずーっと観たかった旧作を劇場鑑賞できたり、

いろんな劇場で新作映画を鑑賞できたのも

東京ならではでした。

『プレイタイム』を劇場で観られたり、

大きな劇場で『アラビアのロレンス』観られたり、

(1回しか観られなかったですが、ミラノ座ありがとうございました)

フィルム上映をしている映画館での鑑賞などなど、

東京ってすごいところだと思いました。

”好きな映画館”が出来るっていう贅沢。

 

でも、愛媛の映画館を思い出すこともおおかったです。

改めて、シネマ・ルナティック、シネマサンシャイン大街道、

アイシネマ今治は好きな映画館だったなと思います。

また観られることがあるといいなと思います。

 

※抜けていたのでスノーピアサーを追加しました。