ちんとんしゃんてんとん

映画感想と箇条書きと私

『ジョーカー・ゲーム』を観た。

f:id:pygocelisM:20150202164136j:plain

監督:入江悠

撮影:柳島克己

出演:亀梨和也

   深田恭子

   伊勢谷祐介

 

あの入江監督がメジャー作品でスパイ映画だ!

ということで、前作『日々ロック』より

製作時期はこっちのほうが前のようですが、

『日々ロック』の私の感想は↓のような感じでしたが

今回はいかに。

『日々ロック』を観た。 - ちんとんしゃんてんとん

 

 

 

続編まだかなー

 

公開初日と2日目が、映画にとっては大事なのだと

入江悠主催映画聖典メルマガのPodcast

監督がおっしゃっていたのに、

結局3日目に2回観てきました。

 

この『ジョーカー・ゲーム』の今までの製作にかんする話を

Podcastなどを聴いてから観ているので、

様々なスパイ映画をはじめ色んな映画を参考に

しているのは知っていたのですが、

私気付いてしまったのはスパイ映画の素養がないということ。

これまでにハマったスパイ映画は『裏切りのサーカス』ぐらいです。

 

スパイ映画なのか潜入捜査ものはいくつか観ていますが、

スパイ映画ってそういえば007もそんなに観ていないし、

ミッションインポッシブルもTVでやってるのだらだらとしか

観たこと無いし、ボーンシリーズも観たこと無い、

プロジェクトAは小さい頃にあるだけです。

(こう挙げてみると、私はどんな映画を観てきたのか)

 

スパイって響きはかっこいいですけど、

何かピンとこなくて今までスルーしていたんだなと

今まで無自覚にきたのをここにきて自覚。

勉強不足ではありますが、私なりに感想を

書いていこうと思います。

 

印象に残ったことを箇条書き

 

①結城(伊勢谷さん)と嘉藤(亀梨くん)初対面シーン

予告編にもちょっと出てきていて、印象に残っているシーンでした。

1回目の時はよく分かっていなかったのですが、

あるものが途中からあるものに変わっていて

「うわあああああ」ってなりました。

とてもかっこいいシーンだし、

映画的な意味もあって、しびれました。

そういうことを思うとラストの車のところも

じーんときてしまいますね。

ラストもとても好きなシーンです。

 

見せ方に工夫をされているシーンがいくつかあったのですが、

一番印象的で好きなのはこれです。

 

②音の演出

これは『SRサイタマノラッパー』の時

特に3からなのでしょうけど、

細かい物音の演出がいい。

特にスパイ訓練所での音のシーンは好きです。

台詞もないのに、そこで確実に

台詞的な呼応がされているのが分かるけど、

どうゆうやり取りか分からないのに

そこに”やりとり”があることは分かるっていう

疎外感もあって、良いシーンだなあって思いました。

 

③亀梨くんを好きになる

これより前に『バンクーバーの朝日』を観ていて、

亀梨くんってちょっと陰がある熱い子なんだろうなっていう

彼本人のイメージ(私が思う亀梨くんのイメージではありますが)と

リンクしていて、とても好感を持ったのですが、

正直最初の方は、それよりも亀梨くんがやっている役に

あんまり乗れなくて。

それは何でかなーと思うと、キャラクター通り

何でも出来るのに、何か抜けているってところなんだと思います。

 

先述したポーカーも、やる前から考えたら分かりそうだし、

深キョンニートラップもさすがに気付けや感あるし、

何か割と考えなしといいますが、

スパイのくせに人に対して用心深くなさすぎといいますか、

そういうところあんまり乗れなかったんですけど、

もう最後の方にはそれすら魅力でしたね。

(それは仲間にも言われてましたし)

怒濤のご都合展開がクライマックス待っているのですが

「いや、もう仕方ない、そういうのすら味方につける子だから、この子!」

みたいな、よく分からないけど遠い親戚みたいな気分になりました。

ラストあたりの吹き出し笑いする亀梨くんには

思わず幸せになってしまいました。すっかりトリコに。

 

***

 

今回スパイ映画って面白いんだなーって思えるキッカケになり、

そして発見として、1回目よりも2回目が

ずっと面白い映画があるってことでした。

1回目も面白かったのですが、2回目のほうが

ずっとずーっと面白かったです。

どのシーンにも、どのワンショットにも

無駄にするもんかっていう入江監督の気合いも感じられて、

それが自分にストンとハマる気持ち良さがあって、

それが2回目の方が大きかったです。

クライマックスの怒濤のご都合展開も

その規模がどんどん大きくなっていくにつれて

とても気持ちが良くなって行って、

全てが嘉藤の味方をしている流れの中にいるのに

リン(深キョン)一人だけマイペースな感じとか

そういうののリズムが最高で、とても観ていて

気持ちがよかったです。

 

1回だけが面白い映画ってあるんだなって

昨年思ったこともあって、

観る度に面白くなる映画があるってことも

私には改めて発見でした。

 

ただ2つ苦言を…

①楽器演奏シーンがかっこよくない

サックス吹いていたこともあって、

とても細かいことなのですが

気になってしまいました。

サックス奏者の吹き方がかっこよくなかったです。

 

②リンがかわいいけど綺麗じゃない

全部観たこともないのに大変失礼なのですが、

多分これは入江監督の今までの作品全体的に言えるような

気がしています。入江監督って女性の「かわいい」はいけても

「綺麗」を撮るのはもしかしたら苦手なのでは…と

『日々ロック』でも思ったのですが、今回もそう感じました。

前半のリンのメイド姿にあんまり魅力を感じなかったためか

嘉藤がハニートラップにかかる説得力があんまり

感じられなかったように思います。

謎の女性が出て来たら、ミステリアスに映る

ビジュアル的な最大のとっかかりって「美しい」ことだと

単純に思ったので、何だか勿体ない気がしました。

 

と長くなってしまいましたが、

面白かったんです!

これはとても嬉しいことでした。

柳島さんの撮影ってこともあって、

画面が硬質で美しいのですが、

それもあってか予告編の時点では

なんだかこじんまりして観えていたのですが、

杞憂に終わってくれて嬉しいです。

是非続編を!またあいつらに会いたい。 

 

あと、スパイ映画も観たくなりました。

とりあえずボーンシリーズから初めてみようとおもいます。

 

 私と一緒に君も始めないか!

ボーン・シリーズ ベストバリューBlu-rayセット

ボーン・シリーズ ベストバリューBlu-rayセット

 

 

 これはとても好きー!!

裏切りのサーカス スペシャル・プライス [Blu-ray]

裏切りのサーカス スペシャル・プライス [Blu-ray]