ちんとんしゃんてんとん

主に映画について私のあれやこれやを書いていく個人的無駄話ブログ

米アカデミー賞 2018年ノミネートが出ましたね。

毎年お祭り騒ぎなのですが、今年も騒いでいきます。

 

www.huffingtonpost.jp

 

 

今年のノミネート アナウンスの映像は

とても凝っていて見ごたえありました。

それにしても、ティファニー・ハディッシュよく噛んでた気が。笑

なんとなく緊張感はいつもよりなかったのか、

むしろありすぎていたのか?

第90回だもんね。あったってことなのかな。

 

どうしても監督賞と撮影賞に胸が躍ってしまうタイプなのですが、

とりあえず監督賞の話をする。

 

監督賞いグレタ・ガーウィグの名前があって

「あ、『レディーバード』の監督ってそうだったの!?」みたいな。

グレタ・ガーウィグのこと好きなんですよね。

出てる映画おもしろいの多いし、

脚本も上手だなぁて思うし。

 

驚いたのは、ジョーダン・ピール監督。

『ゲットアウト』観れてないので、

観たさ具合が突き抜けましたね。

オールホワイト問題があったし、なんか皮肉っぽくていいね。

 

悲しかったのは、キャスリン・ビグロー

ノミネートされなかったことかな…

デトロイト』とても楽しみにしている。

 

***

 

撮影賞は、今回こそロジャー・ディーキンスを!

よろしくお願いいたします。

(誰に言っているんだ)

 

今年はチボがいないからいけるだろう!

とは思うものの、ほかの方々も

ベテランばっかりだしね…

 

それに、女性初ノミネーションになった

レイチェル・モリソンさんがいるし。

どうなるかな??

 

 ***

 

とこれまで、最多ノミネートで前評判高すぎな

ギレルモ・デル・トロ監督作『シェイプ・オブ・ウォーター』の

話をいっこもしませんでしたが、

彼のファンなので、とってほしい!心の底から!

 

でも、ここ近年のアカデミー賞の傾向として

前評判高いほど取れない、みたいなのあるからさ…

心配。

 

これでデルトロがアカデミー賞監督賞

作品賞をとったりしたら、

いよいよハリウッドはメキシコ移民なくして

良質な映画はとれませんからね!と、

色濃く表明することになりますね。

アメリカ、今大変なことになっていることもあって、

重ね重ね動向から目を離せない。

 

チャチャチャフィルムの今後ますますの繁栄を願っております。

(なにこの締め)