読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちんとんしゃんてんとん

映画感想と箇条書きと私

『百円の恋』を観た。

f:id:pygocelisM:20150121232203j:plain

監督:武正晴

出演:安藤サクラ

   新井浩文

 

テアトル新宿で鑑賞。

武正晴監督の映画は初めての鑑賞です。

安藤サクラさんはすごい女優さんだとは思っていましたが、

まぶた厚い女性として親近感を勝手に持っています。

 

 

 

サクラ!サクラ!サクラ!

 

恋愛映画と思われる映画は

とりあえず様子を見てしまうのですが、

あまりに「ロッキーだ!」という意見が多いので、

そりゃあ観るしかねーだろうって、観にいってきました。

面白かったです。

 

 この映画の好きなところを挙げていきます。

 

安藤サクラ

好きな女優さんなんですけど、

今回のは違う安藤サクラさんを観られた気がしました。

ストレートに「かわいい女の子をする女の子」を

されていて、可愛かった。

安藤サクラさんの映画はちょこちょこ観ているはずなんですが、

こういう役は初めて観た気がして新鮮でした。

 

そして、ボクシングやっているところの

どんどんシェイプされていく姿は勿論なんですが、

トレーニングを重ねるにしたがって

鋭くなっていくパンチと視線が、しびれます。

 

②ボクシングトレーニング

失恋してからボクシングに主人公の一子は打ち込むのですが、

そのシーンの盛り上がりが本当に好きです。

カメラワーク、カット、音楽もかっこいい。

ここでふっと泣いてしまいました。

 

③衣装

一子の衣装がとにかくいいなあって思いました。

宮本まさ江さんという方がやっていらっしゃたみたいで、

お恥ずかしながら存じ上げなかったのですが、

バンクーバーの朝日』『鬼灯さん家のアネキ』の

衣装もされているそうです。

バンクーバーの朝日』は乗れないところもありましたが、

美術に衣装はすごいなーと思った記憶があります。

 

 

***

 

どうでもいい話なのですが、

私はどうも恋愛体質なのですが、恋愛嫌いです。

ほれっぽいのですが、恋愛をすることが

何せ楽しくないので好きではありませんでした。

そういうのもあってか、

恋愛だけの映画ってどうも苦手です。

 

タイトルに「恋」と入っているものですから

身構えてしまっていたのですが、

観てみたら恋愛の話というよりは

ある恋をキッカケに痛みを受け入れた

女性の成長物語でした。

そういうのはとても好きです。

 

といってもボチボチあまり好きになれなかった

部分もあります。

だからといって、それがあのボクシングトレーニングの

シーンを曇らせるようなものではなかったです。

 

女性が大人になるためには何が必要か?

もしかしたら通過儀礼の1つが失恋なのかもしれません。

 

 

 フィクションならではのラストの力強さが好きです。

かぞくのくに [DVD]

かぞくのくに [DVD]

 

 

 

しゅっしゅっしゅ♪と歌いたくなること請け合い。

今もたまに口づさんでしまいます。