読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちんとんしゃんてんとん

映画感想と箇条書きと私

『ANNIE アニー』を観た。

f:id:pygocelisM:20150207234657j:plain

監督:ウィル・グラック

音楽:チャールズ・ストラウス

作詞:マーティン・チャーニン

音楽監修:マット・サリバン

出演:ジェイミー・フォックス

   クワベンジャネ・ウォレス

 

製作にウィル・スミス、Jay-Zが参加していることでも

話題になっていましたね。

ビヨンセづたいか、オリジナルソングスの中に

Siaの文字があり、観ることを決めました。

 

観た後に気付いたのが、監督がウィル・グラックだった。

『小悪魔は何故モテる?』はかなり好きです。

エマ・ストーン最高です。

ステイ・フレンズ』はまだ観ていないです。

っていうか、一緒の監督ってさっき知りました(汗)

 

 

 

ウィル・グラックだって言われて合点がいったのが、

登場人物が憎めない。

出てくる人大体かわいく見える!

ということで、今回は私が思う

このキャラクターが可愛い!をランキングしました。

 

5位:向いのお店のおじさん

f:id:pygocelisM:20150210101744j:plain

いい人!

 

4位:アニー

f:id:pygocelisM:20150210101838j:plain

ウォレスちゃんがアニーなのはピッタリですね。

Opportunityは素晴らしかったし、可愛かった。

 

3位:イサベラ(左端の子)

f:id:pygocelisM:20150210102214j:plain

ツンデレの笑顔に弱い

 

2位:ウィル

f:id:pygocelisM:20150210102533j:plain

元気な子供に翻弄されるジェイミー・フォックス

おいしかったですありがとうございます。

 

1位:グレース 

f:id:pygocelisM:20150210102616j:plain

主役2人に比べたら歌もダンスもうまくない、

でも、かわいい!!!!!かわいい!!!!!

 

このローズ・バーン見れたし、

劇中でSiaの曲も堪能できたので、

満足できました。

 

ウィル・グレックは大人の女性を可愛く撮れる人なのだと

確信をえました。はやく『ステイフレンズ』見よう。

本当駄目な人もでてくるんですけど、

憎めない人ばかりでそこもウィル・グレックっぽさなのかなーと。

音楽もとても良かった。

でも、ミュージカル映画としてはどうだろう…?

 

***

 

 楽しめる要素も沢山あったのに、

ミュージカル映画としては何だか物足りなく感じてしまいました。

何でかって言うと、ダンスの問題ではないかと。

最初のNYの街の音と音楽がシンクロしているシーンは

「これが観たかったんだ!」という気持ちにさせてくれたんですが、

それ以後は、それに敵うシーンはなかったかな、と。

 


Singing in the Rain - Good Morning !! - YouTube

 

ミュージカル映画に限らず、

ミュージカルって歌とダンスが切っても切り離せないものです。

ダンス、引いては動きが、アニーは

ミュージカル映画にしては地味だったのではないかと思いました。

 

もっと言うならアニーのミュージカルシーンって

特に真似はしたくならないな、と私は思いました。

私の印象に残っているミュージカル映画

雨に唄えば』『巴里のアメリカ人』『メリー・ポピンズ

そして『ザ・マペッツ』はミュージカルシーンを

真似したくなるんですが、残念ながら『アニー』には

感じませんでした。

これは好みの問題もあると思います。

 

あと、そこには重きをおかなかったから

ローズ・バーンのキャスティングだったと考えると

そこは何とも言えない…(よく考えたら失礼)

結局のところ、ローズ・バーンかわいいなって話だと思います(違)

大掛かりなセットではなく本物のNYの街を舞台に作られた

『ANNIE / アニー』と、そこで流れるSiaで、

観られて良かったな、と思いました。

 

 

NYが舞台のミュージカル映画といえば その1

これもNYロケだったシーンがあるみたいです

RENT/レント [DVD]

RENT/レント [DVD]

 

 

NYが舞台のミュージカル映画といえば その2

これはオールセットらしいです(実は観たことが無い…)