読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちんとんしゃんてんとん

映画感想と箇条書きと私

『日々ロック』を観た。

f:id:pygocelisM:20141125104726j:plain

監督:入江悠

脚本:吹田幸太

   入江悠

出演:野村周平

   二階堂ふみ

   前野朋哉

   岡本啓

   落合モトキ

音楽:黒猫チェルシー

   THE SALOVERS などなど…

 

SALOVERSさんたちは、映画内のバンド

犬レイプとしても出演してます。

 

毎度も言ってますけど、原作未読です。

入江悠監督作品は『SRサイタマノラッパー』シリーズと

『劇場版 神聖かまってちゃん』は観ています。

残念ながら『タマフル THE MOVIE 』は観たこと無い。

 

 

 冴えないアイツは誰かのスーパースターだったりする

 

待ちに待っていた入江監督メジャー第1作目。

良いなと思ったところ挙げます。

 

①劇中の音楽が良かった

f:id:pygocelisM:20141125115222j:plain

劇中楽曲提供した方々が豪華なのですが、

特に『スーパースター』が好きです。

かっこよかった。

 

②落合モトキさん演じるランゴリアーズ新庄くんの顔

f:id:pygocelisM:20141125115106j:plain

この映画を観た方々、好きずきあるでしょうけど、

インパクトがある。

『桐島〜』のパーマと一緒の人と思えない。

 

③ライブシーンが楽しそう

f:id:pygocelisM:20141126123150j:plain

私が特にいいなーと思ったのは

台詞出番とかあんまりなかったドラムの依田くんの

ドラム叩いているところがバッチリ写っているところ。

とても楽しそうに叩くので、それだけでこのバンドには

必要だし、依田くんもこのバンドが好きなんだと分かりました。

好きなところです。(けど、黒猫チェルシーの人でびっくりした)

 

あと宇田川咲のライブのサイリウムがとてもきれいで、

こういう一体感ってライブの醍醐味だよなーとも思った。

 

③東京銘菓

f:id:pygocelisM:20141125120043j:plain

食べたい

 

 ***

 

「ロックって何だろう?」って

もう答えなんて個人に託されちゃった疑問なんだと

思いますし、この映画でも答えが出てる訳じゃありません。

 

それでも、熱いなーと思っちゃって

ラストにはさすがに涙せずにはいられませんでした。

ロックが何かは分からないけど、

ロックにしか出来ないことの1つを

観せてくれたと思うとすごいことだよなと。

(ロックロック言い過ぎて分からなくなってきた)

 

お話としては、どこにでもあるような話なんですけど、

楽曲とかライブシーンの説得力があるのはすごい。

あとラストシーンがとても好き!

ああゆうラストは大好物です!

 

 

余計なことなのかもしれませんが、

好きで、面白い映画です、

でも、悪い意味で何か心にひっかかっている。

言葉にはまだ出来ないのですが、

もう1回観たら、分かるかな。

 

 

 ライブが良かった映画といえば今年はずせない!

イーストウッドは一体いくつなんだ!(84才)

ジャージー・ボーイズ ブルーレイ&DVDセット (初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

ジャージー・ボーイズ ブルーレイ&DVDセット (初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

 

 

 サイリウムがめっちゃ綺麗で感動したと言えばこれです。

これについても話したいけど、話す機会が今んとこない。